青青日記

<< ミステリーボニータ8月号に「八卦の空」 寒食散〈中編〉 | main | 今日の言葉 >>
レン童
孌童とは美しい童子、美少年の意味で(孌=美しい、見目好い)、中国のお稚児さん・かげまのことです。ロリポブログ、本文は「孌」が表記できるけど、タイトルは文字コードShift-JISなので漢字出ないんスね。。。
「孌童は黄帝に始まる」とゆう言い方があるそうで、黄帝は伝説上の漢民族の始祖ですから、美少年愛好は中国史とともに続いてきたわけです。

単行本3巻の陸采美の紹介文で「孌童を詠んだ詩文も沢山あります」とか書いたので、詩をひとつ載せます。
三国時代の同性愛ということで、阮籍(210年〜263年)の「詠懐詩 昔日繁華子」も捨てがたいですが、やはり、タイトルもそのものズバリ「孌童詩」で行きますです。南朝梁の簡文帝(在位549年〜551年) 作なので、300年ほど後の時代になります。

孌童詩 / 梁簡文帝
孌童嬌麗質 踐童復超瑕

羽帳晨香滿 珠簾夕漏賖

翠被含鴛色 雕牀鏤象牙

妙年同小史 姝貌比朝霞

袖裁連璧錦 箋織細橦花

攬袴輕紅出 囘頭雙鬢斜

媚眼時含笑 玉手乍攀花

懷猜非後釣 密愛似前車

足使燕姫妬 彌令鄭女嗟
孌童 麗質嬌(きょう)たり 董を踐(ふ)み復た瑕に超ゆ
この美少年は美麗で いにしえの董賢(1)や弥子瑕(2)にまさる
羽帳 晨香滿ち 珠簾夕漏賖(ゆるや)かなり
羽飾りのとばりに朝の香が満ち珠簾に夕べの水時計がゆるやかに響く
翠被 鴛色を含み 雕牀 象牙を鏤(ちりば)む
みどりの布団はおしどり色 彫刻のあるベッドは象牙がちりばめられている
妙年 小史に同じく 姝貌 朝霞に比す
若々しさは周小史(3)と同じく 少女のような容貌は朝霞のようだ
袖は裁(さい)す連璧の錦 箋は織る細橦花
袖は連璧文様の錦を裁断して作ったもの(4) 裙は橦花の細糸で織り
袴を攬(と)れば輕紅出で 頭を囘(めぐ)らせば雙鬢斜なり
袴をつまむと淡紅色があらわれ ふりむけば左右の鬢が斜めになる
媚眼 時に笑を含み 玉手 乍(たちま)ち花を攀(よ)づ
媚びるような目で笑みを含み 玉のような白い手で花をつかむ
猜を懷(いだ)く後釣に非ず 密愛 前車に似たり
彼は王の心変わりを心配する必要はなく(5)熱愛ぶりは微子瑕と同じ(6)
燕姫をして妬ましむるに足る 彌(いよいよ)鄭女をして嗟(さ)せしむ
燕国の美姫から妬まれるのも当然 鄭国の美女がなげくのももっともだ
注釈
(1)董賢。漢の哀帝の寵愛をうけた美少年。
(2)弥子瑕(びしか)。戦国時代の衛の霊公の寵童。
(3)周小史。晋の張翰が愛した美少年。
(4)袖うんぬんは、董賢の「断袖」故事がベース。
哀帝が董賢と昼寝をしていると、帝は起きなければいけない用事ができたが、袖が董賢の体の下にあったため、起こすのを気の毒に思って袖をハサミで断ち切った。
(5)後釣とは、戦国時代の魏王の恋人・龍陽君の故事。
龍陽君が魚釣りをしたあと泣いたので王がわけをたずねると、龍陽君「私は後に釣った魚ほど良く見えて、前の魚は捨てたくなりました。自分もこの棄てられる魚と同じ身の上と思うと悲しいのです。」そこで王は自分の前で美人の話をする者には厳罰を加えることにした。。。(* ̄m ̄)プ。
「猜を懷く後釣に非ず」とは、後から釣られた魚のことを心配する必要はない、というよーな意味。
ちなみに、これらのエピソードから、「断袖」「龍陽」といえば男性同性愛を指します。
(6)前車とは、衛の弥子瑕の故事。
衛国の法律では家臣で君主の車に乗った者は、重罪に処せられることになっていた。あるとき、母が病気と知った弥子瑕は、君主の許しを得たと偽って君主の車を使った。霊公はこれを聞いて「なんと親孝行なイイ子なんだ!」と弥子瑕をほめた。しかし後に弥子瑕がオッサンになって容貌が衰えると、霊公は「以前、わしの車に乗った」と咎めた。。。( ノ ̄∇ ̄)ノ
「密愛 前車に似たり」とは、親密な愛情っぷりは、君寵の衰える前の弥子瑕が車に乗ってもOKだったのと同じくらい、というよーな意味。

参考文献
劉達臨・著、鈴木博・訳『中国性愛博物館』原書房2006年
内田泉之助・訳『玉台新詠』下 新釈漢文大系 明治書院1975年
中国史オタ |2007.07.07 Saturday 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.aoki.moo.jp/trackback/676244
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode