青青日記

<< 虹 | main | 良いこと >>
曹叡の詩(3) 苦寒行
みたび曹叡。
参考書なしなので、いよいよテキトーです。ていうか途中うまく訳せてないし。ツッコミおまちします。
234年、曹叡が呉へ親征したときのプロパガンダ詩と思われます。曹操の「苦寒行」をリスペクトして作ったんでしょうね。
苦寒行 / 魏明帝
悠悠發洛都 荓我征東行 

征行彌二旬 屯吹龍陂城

顧觀故壘處 皇祖之所營

屋室若平昔 棟宇無邪傾

奈何我皇祖 潜隱聖形

雖没而不朽 書貴垂伐名

光光我皇祖 軒耀同其榮

遺化布四海 八表以肅清

雖有呉蜀寇 春秋足耀兵

徒悲我皇祖 不永享百齡

賦詩以寫懐 伏軾涙沾纓 
悠悠として洛都を發す 我をして征東行せしむ
はるばると洛陽を出発し 征東している
征行 二旬に彌(わた)る 吹龍陂城に屯す
征行は二十日にわたり 吹龍陂城に駐屯した
顧みて故壘の處を觀る 皇祖の營する所
かつての砦を見る 皇祖の宿営した所だ
屋室 平昔の若く 棟宇 邪傾無し
建物は昔のままで ゆがんだり傾いたりしていない
奈何せん我が皇祖 潜 聖形を隱す

没すと雖も朽ちず 書貴垂伐名

光光たる我が皇祖 軒耀 其の榮を同じくせん
意気軒昂として光り輝くわが皇祖と栄光を共にしよう
遺化 四海に布(の)べ 八表 以(すで)に肅清す
皇祖の感化は世界にゆきわたり 天下はすでに平らげられている
呉蜀の寇有ると雖も 春秋 耀兵足る
呉蜀の賊はあるけれど 輝かしい兵がいつでも備えている
徒だ我が皇祖の永に百齡を享けざるを悲しむのみ
ただ皇祖がとこしえに百歳まで命を享けられなかったことが悲しいだけだ
詩を賦して以て懐を寫し 軾に伏して涙 纓を沾す
詩を賦して胸の想いを記し 車上で俯いて涙を流す

『楽府詩集』巻三十三より。
曹操「苦寒行」とちがい、この詩の内容は「苦」でも「寒」でもありまへんな。
詩文 |2006.12.24 Sunday 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.aoki.moo.jp/trackback/459735
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode