青青日記

<< 曹叡の詩(2) 種瓜篇 | main | 「吉例顔見世大歌舞伎」 >>
劇団桟敷童子「海猫街」
ベニサン・ピットにて。
2003年以来、年2・3回の公演をほぼ欠かさず観に行っております、劇団桟敷童子
明治日本、九州、貧民街、賤民、石炭、工業化、そいから民話的世界とゆーかんじで、桟敷童子らしいネタの揃った舞台で、満足でした。
感想 |2006.11.03 Friday 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |









トラックバック機能は終了しました。
昔話
民話
| 食わず女房 | 2006/11/08 10:41 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode