青青日記

<< 洛陽令 | main | 寒中に魚を求める >>
始皇帝と彩色兵馬俑展〜司馬遷『史記』の世界〜
江戸東京博物館にて。
ネット評など見て、そんな目新しいものは来てないな…と思いつつ、まあ、私にとっては行かざるを得ない展覧会なわけです。そして図録を買って、仕事の資料に使う日を期待するわけです。
兵馬俑については、昨年の上野の森美術館「大兵馬俑展」の方がスゴかったです。今回のメインは、むしろ陽陵(前漢の景帝の墓)の俑だった気も。
前漢の香炉や燈明には遊び心と工夫があって楽しいなあと思いました。
そいから、青銅製男性器。生殖崇拝または自慰の道具と図録にはっきり書いてあったのには、ちと驚きました。
感想 |2006.10.03 Tuesday 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.aoki.moo.jp/trackback/401521
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode