青青日記

<< ペルシャ文明展 | main | 「ミュージカル・翼をください」 >>
「ふしぎ道士伝」のはなし
半年前に第1巻が発売した時にならい、今日から「八卦の空」関連の記事をいくつかUPします。
中国オタ、または楽屋ネタになりますので、なまあたたかく放置してやってください。

今日はひとまず「ふしぎ道士伝」という副題のはなし。

雑誌でのタイトルは「八卦の空」ですが、単行本化にあたって編集部様よりさらにエライ方から「分かりやすいタイトルに変えなさい」と指令が発せられました。「八卦」という言葉は一般になじみがなく、イメージがわかない、ということです。
なんというか、私は漢語ファン(オタとかマニアとかいうほど詳しくない。ただ好きなだけ)なので、もはや、一般の方々にはどのような単語が中国っぽさをイメージさせ、かつキャッチーなのか、よく分かりません。
それでもジタバタと言葉をさがしていた中、ある日の編集さんとの打ち合わせで・・・
「ふしぎ道士伝八卦の空」と決まるまで
このようにして決まりました。
「分かりやすいように」と指定されてるのに、編集自身が意味を知らない単語を提案してくるとはどーゆーことなんだ、とか、道士ちゃうって言ってるやんか、とか、いろいろツッコミどころの多い会話ですが、そういうユルさはむしろこの漫画らしいかな、と思いました。
というわけで、私自身、「ふしぎ道士」ってのが誰のことなのか、よく分からないんですが、なんか雰囲気は伝わるよーな気がするので、良いタイトルだと思います。
編集さん、ありがとうございましたー!
中国史オタ |2006.09.30 Saturday 23:59 | comments(6) | trackbacks(0) |
わはは
懐かしいな〜
私も似たようなことありましたよ。

どうも中高生に分かり易いタイトルを、ということのようで、難しいと思われる漢字や単語はみんな却下されてしまいました(^^)

でも道士って難しいのかな〜…
| あさとです | 2006/10/02 4:35 PM |
中高生に分かりやすいタイトルというのは、なかなか難しいものですね。。。ヒラメキで思いつけば良いのですが。

追記
 清岡美津夫さんから教えていただきました。
 「『道士』の言葉自体は三国志呂蒙伝で呂蒙が亡くなる前に出てきたりと、あるようですね。」

 「道士」という言葉そのものは、前漢・董仲舒『春秋繁露』では君子の意味で使われ、『漢書』王莽伝では方士・術士の意味で使用されているそうです。(「広漢和辞典」より)
 そうなると、管輅=道士でも正しいということになりますか?

 でも、一般的にはやはり「道士=道教の坊さん」ですかな。
 管輅を称するなら、「易者」「日者」「易占」「方士」とか、三国志に倣って「方技」、ファンタジーに「仙子」なんてのは・・・ハッ
 このように漢語ファン的嗜好では、ちっともキャッチーにならないわけです。汗
| 青 | 2006/10/03 4:38 AM |
このコンテンツはひじょーに楽しみなので、再開嬉しいです〜。

……それにしても、一巻が出る時。
喜びと共に「『ふしぎ道士』って超破壊力☆」とこっそり思ったこと、振り返りました。
編集部の方との舞台裏話、かなりウケています。いやいや、素敵なタイトルですよ!

でも、「この時代、道士って(使用法によっては)そーとー最先端な用語なんでは?」と考える私も、漢語ファンのはしくれなんだろうなあ(^◇^;)
「八卦見」さんは今でも辻で占う人もいるので、いいような気もしますけどね〜♪

こうなったらもう、酒見賢一を見習って「コァン・ザ・フォーチューンテラー」とか言っちゃうのはどうでしょうか?
| 冰児 | 2006/10/03 10:51 PM |
冰児さん、いらっしゃいませ!
漢語ファン魂を炸裂させてかまわないなら、各話のタイトルも、冰児さん提案の四字題を使いますよ! 笑
カタカナ案については、ごく初期に「”チャイナ○○ストーリー”とか、そゆのはナシで」と編集さんからクギをさされました。秋田書店の少女漫画ファン(どうやらそう呼ぶべき購買層があるらしいです)にはウケないということかも知れません。私は漫画を描くことはなんとか人並み能力があるばかりで、その先のマーケティングとか売れるコピーとか、そういうことは素人なので、編集部の判断におまかせすることにしておりますです。
そしてネットでマニアトークを繰り広げて遊ぶ、というかんじで。「コァン・ザ・フォーチューンテラー」今度どこかで使わせていただきます。フフフ。。。
| 青 | 2006/10/04 4:30 AM |
はじめまして。
つい先ほど「八卦の空」の1巻を読ませていただき、とても面白いと思いました。

ゆるーく、中華的なもの(あいまい)が好きな自分は、「道士=東洋の術師」くらいの気持ちでとらえていたので、「つまりこの本は道士が怪事件を解決する話なんだな」とすんなり納得した次第です。
| あまな | 2009/05/22 12:07 PM |
>あまな 様
すっかりレスが遅れてしまい、申し訳ありません!
1巻を読んでいただいたとのこと、本当にありがとうございます。m(_ _)m
「八卦の空」はゆるーいノリの漫画ですので、ゆるーく読んでいただくのがぴったりだと思います。お気が向きましたら続きも手にとってやってくださいませ。。。
| 青 | 2009/06/07 12:39 AM |









http://blog.aoki.moo.jp/trackback/399755
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode