青青日記

<< 今日の言葉 | main | 今日の言葉 >>
「ミステリーボニータ」6月号に「八卦の空」 巫炎(四)
とうとう前漢の武帝が登場しました。けっこう歴史ファンタジーっぽい展開ですよ?
今回気付いたこと。房中術から陰陽思想を説明すると、ものすごい分かりやすい。やはり宗教・哲学の根本はエロですなあ。
八卦の空 |2006.05.06 Saturday 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |









トラックバック機能は終了しました。
2006年5月6日「八卦の空《(ミステリーボニータ6月号)
 月刊のミステリーボニータに連載中の「八卦の空《。三国志およびその注に載っている人物、紀玄龍や管輅(字、公明)が主役の漫画だ。3号前からの続き物なので、今号で巫炎シリーズは4回目。すっかり連載が板に付いた感じ。 ・前回 http://cte.main.jp/news/blog.cgi?
| 三国志ニュース | 2006/05/09 7:03 PM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode