青青日記

<< 今日の言葉 | main | 今日の言葉 >>
洛陽
洛陽この絵は、後漢の洛陽城の西北に金墉城(きんようじょう)を付け足しました。

この地図にいたるまでの調査は、コチラ↓
(っても私はただ質問してるだけで、子ども電話相談室状態ですが。)
「三国志サポート掲示板」洛陽の地図についてhttp://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=1628;id=

洛陽のある河南の地は、古くから漢民族の根拠地とされ、中華世界の中心地、交通の要衝でした。
歴史も古く、5〜6000年前の新石器時代の遺跡が残されています。

洛陽のだいたいの年表
西暦時代洛陽のできごと歴史の主要事件
紀元前4000〜
3000年頃
新石器時代の遺跡
前1136年?西周周の武王、殷を滅ぼす。
前1115年?周の成王即位。周公旦ら、洛邑を建設。
前770年東周周の平王、洛邑へ遷都。
前221年秦の始皇帝、天下統一。
前202年前漢劉邦、項羽を垓下に破り、即位。
前141年武帝即位。(在位〜前87年)
8年王莽、新を建国。
25年後漢光武帝、漢を再興し、都を洛陽におく。後漢の洛陽城は、北宮・南宮の2大宮殿から成る。
67年?白馬寺(中国初の仏教寺院)の建立。
190年董卓、洛陽を焼き、長安への遷都を強行。
城内の宮殿や人家を焼き、陵墓を暴き、富豪を殺して財産を奪ったといい、壊滅的だったらしい。
220年三国曹丕、魏を建国。都を洛陽におく。北宮の一部を修復して朝廷とした。
235年魏の明帝、荒廃したままだった南宮に太極殿・昭陽殿を建立、北宮の庭園を整備、金墉城(城塞)・陵雲台(高楼)を築く。
265年西晋司馬炎、晋を建国。都を洛陽におく。魏の都城をそのまま使用。
280年西晋、三国を統一。
291年八王の乱おこる。皇族・司馬一族が血みどろの内部抗争。都は内ゲバの舞台に。(〜306年)
311年洛陽、匈奴の劉聡に攻められ、陥落。(永嘉の乱)
317年南北朝元帝、建康で即位。東晋の成立。
五胡十六国の争乱の中で洛陽は争奪の地となり、荒廃。
494年北魏の孝文帝、洛陽に遷都。このころ竜門の石窟を造営。
547年?楊衒之『洛陽伽藍記』著す。
589年隋の文帝、天下統一。
605年煬帝、新都洛陽城を造営。

こんなかんじで。
董卓の焼き討ちの後30年以上荒廃してた洛陽を、魏は国都に定めて復興します。西晋のころの人口は30万以上だったそうです。

ちなみに、日本で大内裏の正殿を「太極殿(だいごくでん)」と呼びますが、宮中の正殿に「太極殿」と名付けた最初は、魏の明帝の宮殿だそうです。
「太極」とは宇宙の根源というよーな意味ですが、また、天の北極も意味し、世界の中心ということです。
魏以降、「太極殿」は宮中の正殿の名称として中国でも長く使われました。(中国の宮殿を呼ぶ場合は「たいきょくでん」と読みます。)
中国史オタ |2006.04.30 Sunday 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
こののち『図説 三国志の世界』(大修館書店2001年)で魏の洛陽城平面図を見つけました。
上の絵でほぼ合ってました。ホッ
| 青 | 2006/12/24 12:25 AM |









http://blog.aoki.moo.jp/trackback/225437
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode