青青日記

<< 年代設定 | main | 馬車 >>
乗馬
乗馬
この衣装で馬に乗るのか? とか、ツッコミ所の多い絵です。
というのも、この原稿を描いた後になって、様々なことが分かってきまして・・・

,匹Δ笋蕁∋姐饂代の馬具には鐙(足かけ)が無かったかも、です。
鐙の使用開始時期については、前漢〜西晋まで諸説あり、現時点ではよく分かりません。
また、使用されていたとしても、鐙は片側だけ、しかも馬に乗る足掛けで、騎乗中は使わなかったとか。

くわしくは、「三国志ニュース」の「前漢に鐙はあった?!」
http://cte.main.jp/news/blog.cgi?time=1106495548&id=okakiyo

当時の貴族は乗馬はしなかった。ていうか、乗馬は蔑まれていたらしい。。。
尚秉和『中国社会風俗史』(東洋文庫)より引用。
漢代の話として「官吏の騎馬は、周以後は許されていない。戦陣以外で騎乗するのは、漢では従僕だけである。大官が馬に乗れば官威を失うことになる」(p153)
「晋の士大夫には乗馬した者もいるが、それも遊戯の程度である。〜南北朝の南朝の方では、大抵は車に乗って馬に乗ったものは少ない。」(p156)


そんなんで、これ以来、この漫画では馬車がメインで、乗馬シーンは避けております。
上の絵も、単行本化のときに描き直そうかと思ったのですが、馬車を描くにはスペース足りないし、徒歩にするとマヌケだし、そのまま載せました。(オイ)
中国史オタ |2006.04.19 Wednesday 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.aoki.moo.jp/trackback/191846
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode