青青日記

<< 最澄と天台の国宝展 | main | 冠 >>
魏の官位
魏の成立直前、施行された「九品官人法」。
すべての官を、職種・内容に関係なく1〜9にランク分けしました。
「従四位下」とかいう日本の律令官制の源流もこれです。
(これ以上の説明はパス。。。汗)

「正史 三国志」管輅伝に登場する紀玄龍は「中書令史」とあります。
調べてみたら「史」とは書記のことで「令史」は八品、係長クラス。役所の下級官たちの最終役職で、貴族は「令史」になるのを恥じたとのこと。
どーやら史書に登場する紀玄龍氏は、庶民だったよーです。

上流貴族の子弟は六〜五品からスタートし、上昇していくわけで、
今でいうキャリアとノンキャリみたいですね。

官品 
上流貴族   六品官   二品官 初任官から4ランク上昇して定年になります
一般貴族九品官  六品官      
庶民 令史       品外からスタート、八品は定年前の名誉職とか
  中書令
 洛陽令散騎侍
 中書令  


管輅伝に紀玄龍は登場しますが、実はほとんど同文の説話が、志怪小説集『異苑』に載っています。
『異苑』では、紀玄龍の肩書きは「中書令」・・・。「中書令」といえば中書省の長官、三品の大臣職です。
一 文 字 で え ら い 違 い や。
そして、アオキが漫画のネタとして読んでたのは『異苑』の方だったという罠・・・。

ちなみに、司馬懿&陳羣というパワーエリートの官位は(↓)。・・・それぞれの長男の官位も。
官品 
司馬懿      侍中尚
書右僕
 太尉魏の成立とともに42歳で三品
56歳で太尉(一品)、のち太傅(一品の上)
司馬師      散騎常
 大将軍30歳ころ三品で初出仕 ←親の七光りすぎ
死ぬときは大将軍(一品の上)
陳羣      侍中尚
書左僕
 司空司馬懿と同位の官を歴任
陳泰    散騎侍
 侍中尚
書僕射
  死後、司空(一品)を追贈される

中国史オタ |2006.04.22 Saturday 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.aoki.moo.jp/trackback/191796
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode