青青日記

<< ドラゴン・ブレイド | main | ブラック・スキャンダル >>
シャーロック 忌まわしき花嫁
TOHOシネマズ新宿にて

2015年イギリス
ダグラス・マッキノン監督
ベネディクト・カンバーバッチ/マーティン・フリーマン/アマンダ・アビントン/ルイーズ・ブリーリー/ユーナ・スタッブス

 ひねりすぎかな。事件解決とか爽快感とか無いじゃん…
 完全にドラマの続き。ていうかシーズン4の序章で、映画公開されたのは日本仕様だったと鑑賞後に知った。

 カンバーバッチ老けたなぁ…
 シーズン1の映像が入ると、俳優がみんな老けたのに驚く。そんなに昔のドラマじゃないよね??

 ドラマもシーズン3の途中あたりから、ひねりすぎ…て思うようになった。
 シーズン1が単純で人間関係の萌えが詰まってて、一番好き。
 なんていうか・・・途中から知的ゲーム感がインフレしちゃって、世界観が架空になりすぎ。
 世界一賢い人が世界を支配できる・・・ってなると、それはコロコロじゃん? 笑

 (※カードバトルで勝つと世界を支配できる、的なワールド。コロコロ漫画風の世界観。www)

 ほんまに頭のいい人って探偵とか犯罪者とかやらなくね?ていうか世界一の賢さを競うとかってバカじゃね?てなるよ。www

 シナリオの人が、知的ゲームが好きでオタクだったから、いいところで維持できずに、内向きにコアになりすぎていくんやろな。どんどん目新しいこと、さらなる複雑さを目指す結果、わかりづらくなっていく。
 それでも充分ファンはついていってるし、わかりづらくなってないのかな?? 私好みじゃなくなっていく、てだけか?

 私は、シャーロックとジョンのかけあいとか、きょとんとするジョンとか、照れるシャーロックとか、そういうのでいいんだよ。笑

JUGEMテーマ:映画

感想 |2016.02.24 Wednesday 23:58 | comments(0) | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode