青青日記

<< コードネーム U.N.C.L.E. | main | 駈込み女と駆出し男 >>
キングスマン
池袋 新文芸坐にて

2014年イギリス
マシュー・ボーン監督/製作
コリン・ファース/マイケル・ケイン/タロン・エガートン/マーク・ストロング/ソフィア・ブテラ

 いやー、ひどいなwww(褒め言葉)
 公開時に、映画クラスタじゃないとこで話題になってたのも、なんとなく納得。
 ジョブズっぽいサミュエル・L・ジャクソンとか、アーサー王と円卓の騎士とか、わかりやすいパロディなんだよな。目立つこと・キャッチーなことをどんどんやってやる、ていうセンス。
 でもトンガってるとこはトンガってるし、いいと思います。

 コリン・ファースのアクション、良かったなあ。
 やっぱ英国紳士萌えですよね。
 演技派俳優がアクションをやる流れは、デンゼルワシントン「イコライザー」で極まったと思ったけど、こういう変奏もあるんだな。
 紳士とスーツ萌えなので、とても美味しかったです。

―――以下ネタバレあり―――
 続編あるみたいだけど、コリン・ファース無しで大丈夫なのか、ていう。
 サミュエル・L・ジャクソンより面白い悪役を出すという情報見た気がするけど、悪役よりコリン・ファースだろ!笑

 コリン・ファースとマイケル・ケインとマーク・ストロングの、あの英国っぽさが魅力なんで、そのうちの二人が死んでるしなぁ…

 サミュエル・L・ジャクソンの秘書、スポーツ義足でちょうかっこ良かった!!すごすぎ!!

JUGEMテーマ:映画

感想 |2016.02.03 Wednesday 23:59 | comments(0) | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ カテゴリー
 
+ コメント
机上の九龍
机上の九龍 (JUGEMレビュー »)
青木 朋, 空論創作委員会
+ 以前の記事
qrcode